千葉でも手に入るルミガンのアプリケーター

美容意識の高い人が使っているまつ毛専用の育毛剤といえばルミガンです。まつ毛が長く太くなり、たくさん生えてくるようになる医薬品として全世界の人に使われている医薬品です。千葉県の美容クリニックや皮膚科などでも処方してもらうことが可能です。ルミガンは本来、緑内障を治すために使う目薬なので、健康な人は目に入らないように塗らなければなりません。そのため、アプリケーターというまつ毛用のブラシも一緒に販売されることが多いのですが、2011年ごろにリニューアルされて使いやすくなりました。
以前、ルミガンとセットで販売されることが多かったのは黒いブラシです。アイブロウブラシのような形をしたものだったのですが、先が広がって塗りにくいものでした。リニューアル後のアプリケーターはブラシ部分が白くて、前よりも塗りやすくなったと評判です。ルミガンは皮膚に付くと、かゆみが発生することがありますし、目に入ると軽い充血を起こしたりドライアイになることもあります。皮膚が色素沈着したり、間違って塗ってしまった所から毛が生えてくるというトラブルも起こります。一番怖いのは、ルミガン本来の薬効である眼圧を下げてしまう効果がです。緑内障じゃないのに眼圧を下げてしまったら、目のトラブルにつながる恐れがあります。
ルミガンのアプリケーターがリニューアルで塗りやすいブラシになって助かった人も多いでしょう。付属のブラシが使いにくいからと、歯ブラシや百円均一のブラシ、ネイルアート用の筆で代用している人もいるほどです。ルミガンだけをネットで購入して、筆は千葉県のお店で市販の細かく塗れる筆を探す方法は経済的です。都内や千葉市の有名クリニックに通うのは遠いし大変だという人にとっても、ネットの個人輸入などでルミガンを手に入れられるのは便利なことでしょう。