ルミガン使用箇所で注意する点と美白丸

美白丸に代表されるような美白の製品は、世の女性にとって非常に大きな興味の対象の一つです。というよりも、美白丸のような美白に関連する製品は、新製品の発売について枚挙に暇がないというのが現状です。その代わりに流行り廃りもあり、ロングセラーとなるような美白丸の例は少ないといっても過言ではないのかもしれません。そんな美容業界で現在、注目されているものの一つとして「ルミガン」があります。ルミガンは、元々は緑内障の治療薬として用いられているもので、医療用の医薬品として現在も広く用いられているものです。薬効の機序としては「プロスタグランジン製剤」というものに含まれ、点眼箇所から浸透した後に、眼房水の排出を促し眼圧を下げるという効果があり眼科から頻繁に処方されます。近年このルミガンが、美容業界で注目される理由としてはその副作用にあります。これらのプロスタグランジン製剤の点眼薬の副作用の一つとして、「まつげが太くなる」「まつげが伸びる」というものがあります。点眼ではなくまつげに塗布するという形を取ることで、塗布した箇所のまつげを伸ばし、美容の効果を得られるということに期待が持たれています。しかしながら、ルミガンを使用する場合にはもうひとつ、注意しなければならないことがあります。まず美容目的での使用は医薬品の適応外であり自己責任が伴うという点。まつげが伸びるということの他に、液剤が触れた箇所をそのままにしておくと黒ずみが生じてしまうことがあるという点。特に黒ずみについては、美容としては相反する事態となりかねませんので、使用に際しては注意を払う必要がありそうです。通常の点眼では、点眼後5分程度で、濡れたティッシュやタオル等でしっかりふき取るか洗顔することが推奨されています。